アメックスプラチナに年収は関係ない

アメックスプラチナに年収は関係ない

アメックス・プラチナカードはアメックスゴールドカードを使い続けているとインビテーションが勝手に送られてきて、それに同意して返送するとアメックス・プラチナカードの審査が行われ晴れてアメックス・プラチナカード所有者になれます。

お得意様に対してプラチナカードを発行している側面が強く、実は年収が高いから、支払金額が多いからという金持ち基準のようなものはないのです。ごく普通のサラリーマンにもインビテーションは送られてきます。ですから自分にはアメプラなんて無理だ・・・と思わず、まずは1年間アメックスゴールドカードを使い続けてみてください。

年収500万円でもプラチナは届く

アメックスのプラチナカードは一般的にかなり高嶺の花と感じられると思います。そもそも年会費が136,000円ですからね。高すぎます。

年会費だけで考えると高いし、こんな高いプラチナカードなんて年収も高く無いと手に入らないのではないか、と思っている方がいますがそれは間違いです。

アメックスプラチナを手に入れるための年収としては決まりが公開されていませんので何とも言えませんが、私がゴールドカードの審査に出した時は年収500万円と買いて出しました。ある意味普通のサラリーマンの年収程度でアメックスのプラチナが持てるのです。

プラチナが来るまでとにかく使い続けた

本当の年収はもっと高いのですが、あまり高すぎて変な審査が入るといやだな、というよくわからない理由で500万円でゴールドカード審査に出しました。これがネックになってプラチナが届かなかったらどうしようと思っていました。

しかしとにかく決済回数を増やしてくれ、というアメックス公式のインタビュー記事を読んで、毎日のように使っていました。最後の方は毎月20万円ほど使ったりしていましたが、旅行に行くわけでも高級品を買うわけでも高級レストランに行くわけでもありませんでした。

普通に決済していただけです。それでもプラチナは届きました。

年収は関係なく、どれくらい使ったかでプラチナが届く

正直アメプラを使いこなせる年収は最低でも1000万円以上ないと無理かなと思っています。年収はあったとしても時間がないのでは活用範囲が狭まりますから、必然的に1000万円以上の経営者層が使いこなせるレベルだと思っています。

しかし見栄もありますし、カードを使うときの優越感などから、庶民もアメプラがほしいという方は多く、そういう層に対してインビテーションを結構送っているようなんですよね。もしそれで入会してくれれば年会費が入ってくるわけですから、アメックスからしたら美味しいお客様なんです。

決済手数料を沢山持ってきてくれる優良顧客がさらに年会費も支払ってくれるんですから。
というわけで、特に年収が高くなく1000万円以下だったとしても余裕でプラチナカードのインビテーションは届きます。

まずはゴールドカードを持つことから

コツはとにかく100円の決済でもいいのでアメックスゴールドカードを使うことです。
そしてもしまだゴールドカードを持っていなければ、すぐに入会してください。プラチナは1年ほど決済を続けないとインビを送ってこないことがほとんどです。

早めに使いはじめることがプラチナに近づくポイントのひとつでもあります。