ミラーレス一眼Canon EOS M3と広角レンズを買ってみた

  • ホーム > 
  • 家電 > 
  • ミラーレス一眼Canon EOS M3と広角レンズを買ってみた

ミラーレス一眼Canon EOS M3と広角レンズを買ってみた

今までデジタル一眼レフを使用していましたが、旅行などの外出時にかさばることから、小型で高性能のミラーレス一眼レフに買い替えました。

今回はミラーレス一眼レフを選ぶときのポイント、EOS M3の特徴や購入してよかったことなどを細かくまとめました。また、使いながら使い心地などを随時追記しています。

ミラーレス一眼がお薦めな人

まずミラーレス一眼を買って損することがない人の特徴を挙げてみます。

とりあえずミラーレス一眼の画質は一眼レフとほとんど変わりません。違いは簡単にいえばカメラの中にレンズから入った光を捉えるミラーがあるかないかと考えてよいでしょう。多少画像処理のスペックや撮影した画角(捉えられる大きさ)のサイズが小さいなどがありますが、普段使いで撮影するならほとんど差にならないでしょう。

何よりもサイズが比較にならないほど小さいのがミラーのないミラーレス一眼の特徴です。コンパクトデジカメに比べればまだ重さとサイズがありますが、それでも普通のカメラのサイズで大きいという感じはありません。

要するにプロ並みの高画質な写真が撮れるのに軽くてコンパクトな高性能デジカメを探している方にミラーレス一眼はお薦めなのです。

EOS M3の特徴

EOS M3の簡単なスペックと解説をまとめました。

他にも色々とありますが、とりあえず小型にも関わらず一般的な一眼レフカメラと同等の高画質で撮れる性能があるため、小型だから一眼よりも劣るということはまずありません。

ファインダーもついていないので、液晶を見ながら撮影するスマホに慣れ親しんだ方にも使いやすいと思います。ファインダーが必要な方は別途オプションでつけることができますが、軽くて機動性の高いミラーレス一眼にはファインダーは不要だと考えています。軽くて持ち運びしやすくいつでもすぐ撮れる、という条件を満たしてくれるからです。

各レンズが小さくてコンパクト

ミラーレス一眼は本体が小型になっているのでレンズも同じく専用の小型のものになります。一眼レフよりも50%ほど小さくなっていて軽いので旅行の際などにも持って行くことがとてもラクです。一眼レフは本体が大きい上にレンズも大きいので携帯性は望めません。

私はそこまで最高の写真を目指すほどではありませんが、できれば旅先の写真や料理の写真をキレイに残したいと思っていました。しかし一眼の本体の大きさやレンズの大きさがネックでした。初めてEOS M3とレンズを手にした時にこの小さいサイズに驚きました。これなら交換レンズとしてふたつくらい持って行っても邪魔にならない、と。

どのレンズキットが良いか

EOS M3には色々なレンズをセット販売しています。どんな写真を撮りたいかでレンズが異なります。
基本的にズームキットは遠くのものをズームして撮影するために便利なレンズキットです。子供の運動会や合唱祭などでズームして撮影した時に便利です。その他にもマクロレンズトリプルキットなどは望遠で撮影することが多い場合に使えるでしょう。

私はズームの必要性がなかったのでこれはまず選択肢にありませんでした。

私が選んだのはダブルレンズキットでした。まずひとつパンケーキレンズがついていたこと。これはズームはできませんが背景をぼかして撮ることが簡単にできるレンズで一瞬プロが撮影したかのようなボケが誰にでも表現できる必携のレンズです。もうひとつはズームができる一般的なレンズ。これは使わないですね。

さらに別途広角レンズを追加で購入しました。室内や社内などを広角で広く撮影できるので便利です。これは旅行必携のレンズだと思います。

EOS M3購入時に一緒に買ったもの

まずEOS M3本体、ダブルレンズ、充電器、バッテリー、ストラップ、USBケーブルなど。これが本体セットです。

そして広角レンズ。

さらに各レンズのフィルターを3つ。予備バッテリーはCanonのM3純正のものを購入。互換性のあるとされる他社の安いものはバッテリー残量がでないとのことでお薦めしません。5,000円もしませんから純正の物を買ったほうが良いでしょう。

カメラ本体が小さいこと、レンズもそれぞれ小さいことから全て持ち歩いて旅行しても大した荷物にならないことがわかりました。というわけでスポンジ素材の2,000円ちょっとの安いカメラバッグも購入しました。しかし一眼レフ用でミラーレス一眼レフには大きすぎました。もっと小さいもので良いのですが、逆にミラーレス一眼にして荷物が圧倒的に減ったことを再確認することができました。

ちなみにカメラバッグに全てを入れて海外旅行先で徒歩移動してもまったく問題ありませんでした。荷物としても非常に軽いのでミラーレス一眼のM3とレンズ3つ、充電器につけたままの予備バッテリーを全て持ち歩いても負担はほぼゼロです。

三脚などを持ち歩くとミニタイプでもさすがにかさばりますが、カメラたちだけなら海外旅行ですら邪魔に感じないのは素晴らしいと思います。

EOS M3のバッテリーの持ち

EOS M3のバッテリーはすぐに切れるという価格.comの口コミを見て予備バッテリーを購入しましたが、1日200枚ほど撮影してもバッテリーが切れることはありませんでした。撮影方法はオンオフを何度も繰り返して断続撮影ばかりです。朝から晩まで使ってもギリギリバッテリーが持ちました。

しかし1日200枚程度ですからもっと色々と撮影する方は500枚位撮るはずですし、その場合はバッテリーが確実に切れると思います。連続撮影していたとしてもバッテリー2個ではこれほどハードに使う方には心もとないですね。

1日300枚程度なら予備バッテリー1個、500枚以上なら2個を買い足したほうが良いと思います。逆に100枚くらいしか撮らないなら予備バッテリーは不要だと思いますがバッテリーが切れるとそもそもカメラとして使えずただの荷物になってしまうのでどんな人も予備バッテリー1個は買い足したほうが良いと思います。

EOS M3のSDカードサイズ

私は今までEOS KISS x5を16GBのSDカードで撮影していましたが、EOS M3にすることで画素数もあがることから32GBに増やしました。

キャノンによると、EOS M3は16GBで最高画質JPEGの場合、1680枚撮影できるそうです。普通はこれくらいあれば大丈夫ですよね。撮影後はパソコンにフォルダ管理して保存すればずっと使えますから。

ただせっかくカメラを新調するのでここはSDカードもより良いものに、ということで32GBにしました。理論上32GBで胆汁に16GBの倍の枚数、3000枚以上の撮影が可能となります。