【保存版】出産祝いの相場と渡し方

【保存版】出産祝いの相場と渡し方

兄弟や親戚に子供が生まれた時の出産祝い金を渡す際、いくら渡せばよいのか相場がわからないことがあります。実際私も兄弟に子供が生まれた時の出産祝いの金額はわかりませんでした。少子化なのと不景気がずっと続いたせいで昔の出産祝いと現代の出産祝いの相場は違うと考えてよいでしょう。色々なブログで出産祝いの相場が書かれていますがどれも同じようなことしか書いておらず、結論としては自分の立場と自分の収入によって渡す金額は上下してよいということです。

自分の孫が生まれた時の出産祝いの相場

⇒1~10万円
親として子供たちに子供が生まれた時、要するに孫が生まれた時の出産祝い金の相場はかなりピンきりです。あげる人は10万円上げる場合もあります。自分の子供の出産ですから当然金額は高くなります。

ただしこれは経済状況にもよるので多いのが正しいということはありません。また、結婚相手方の親がいくらあげるのかにもよります。相手方が10万円包んでいるにうちは3万円、ということがないようにしたいものですが、こればかりはどうしようもありません。

ですから、金額は10万円なんて高額な出産祝いはあげずにおもちゃや育児にいつようなものを数万円にあわせてプレゼントするほうが双方の実家の関係性も歪みが出ない事が多いでしょう。基本的には3~5万円であれば十分と言えます。逆に相手方に気を使わせないためにも高額な出産祝い金は渡さないのもマナーです。

兄弟の子供が生まれた時の出産祝いの相場

⇒1~3万円
基本的に兄弟なら最低1万円は渡すような場合が多く、年齢が自分のほうが上であり社会人であれば3万円渡すのが相場です。ただし収入が少ない場合は2万円程度。

そのほかに自分と同様に出産祝い金を渡す兄弟がいる場合はお互いの年齢などの関係性を相談して金額を揃えるか、下の兄弟がいれば彼らに下げてもらうかして調整します。ベストなのは金額を相談することです。

近い関係性なので見栄を張った金額は不要です。兄弟が多い場合などは全員一律1万円にする、というのがこちらの負担も少なくてよいでしょう。

親戚に子供が生まれた時の出産祝いの相場

⇒1~2万円
いとこなどの親戚(結婚相手のいとこの場合も)に子供が生まれた時は大抵多くても2万円程度でよいでしょう。基本的に1万円くらいでも十分です。特に若い20代前半なら5,000円くらいでもよいのですが、さすがに1万円を切っていると分が悪いと思いがちなので1万円のきりの良い金額で渡すことが多くなるはずです。

自分の立場が叔父叔母であれば2万円が妥当かもしれません。要するに世代が相手より上なら1ランク上の金額を包んでおいたほうが無難ということです。

友人・知人・取引先など

友人・知人⇒3,000円〜5,000円
取引先・同僚⇒3,000円〜5,000円

友人知人の場合は見栄を張ってしまったり恥ずかしい金額出ないほうがよいと思いがちですが、もらった相手もお返しをする必要が有るため、あまり高い金額を包むのはマナー違反にもなります。気持ち程度を包むのがベストなため、高くても5,000円で大丈夫です。

ただし、自分たちの仲間がセレブ系、高所得系で友人同士マウンティングが激しい場合はこの相場に当てはまらないので多く包む必要があります。一般的な出産祝いの相場はここには当てはまらないため、この程度の金額でよいのか、と鵜呑みにしないほうがよいでしょう。上記金額に2~3万円上乗せしキリの良い金額にした上で、センスの良いプレゼントを添えておけば良いですね。

いつ出産祝いを渡せばよいか

基本的に遅すぎなければいつでもOKです。出産当日や翌日しか時間がない、という場合は奥様ではなく旦那様に渡せばそれで大丈夫です。出産直後に奥様に面会するのは基本的に気を使ってしないのがマナーですが、まったく予定が合わない場合は顔だけだして旦那様に挨拶する程度、その時に出産祝いを渡しましょう。

時間的に余裕が有る場合などは、退院後1週間程度して落ち着いた頃が良いでしょう。基本的に退院後1ヶ月以内に渡せば遅いということはありません。

出産祝いのご祝儀袋、のし袋について

出産祝い金を包むご祝儀袋、のし袋は100円ショップに売っているもので大丈夫です。ご祝儀袋の表書きの書き方などもすべてサンプルが入った状態で売っているので迷うことはありません。本当に便利な世の中になったものです。

基本的に表面に自分ひとりなら自分の名前、夫婦で贈るなら連名で書く、という基本的なことです。100円ショップで売っているご祝儀袋のサンプルどおりに書けば間違いありません。