中古マンション購入時の諸費用と税金

  • ホーム > 
  • マネー > 
  • 中古マンション購入時の諸費用と税金

中古マンション購入時の諸費用と税金

中古マンションの購入時は不動産登記や不動産仲介業者への手数料、税金などなど色々な諸費用がかかります。その他にもリフォームが必要になるためここでもお金がかかります。中古マンションの諸費用について実体験を元に詳しくまとめました。

マンション売買契約にかかる諸費用

仲介手数料

物件価格の3%+6万円と消費税がかかります。例えば3000万円の中古マンションを購入するときは、90万円と6万円の96万円に消費税を不動産業者に支払います。これは売主からも取っているので合計で200万円ほどが不動産業者に入ります。すぐに売買契約が成立したらボロ儲けですね。

印紙税

不動産業者とのやりとりで、売買契約書に貼る印紙が必要です。
さらに銀行とのやりとりで住宅ローン契約にかかる印紙も必要になります。
契約書の金額によって印紙の価格は変わります。

住宅ローン関連の諸費用

融資手数料・保証料

金融機関によって金額は違います。融資手数料は5万円程度まで、保証料は数%上乗せされて数十万円規模になります。
メガバンクはほとんど取られますがイオン銀行などのような新しい銀行ではこれらが無料である場合があり借りやすい条件を出してくれます。私はイオン銀行で借りたのでムダな費用はありませんでした。

団信保険料

万が一のことが会って住宅ローンを支払えない状態に陥った時の救済措置として団体信用生命保険に加入が原則となります。住宅ローンを借りている債務者が死亡したり高度障害になったときは住宅ローンがなくなります。銀行の住宅ローンの場合は金利の中に団信保険料が含まれていますので別途支払はありません。

火災保険料

基本的に住宅ローンを借りる時は火災保険に入ることが義務付けられる場合がほとんどです。

不動産取得関連

登記費用、登録免許税

不動産登記を行う場合に課税されます。土地所有権移転登記、建物所有権移転登記にかかります。また殆どの場合住宅ローンを組むことになりますが、そのときも抵当権設定登記にも税金がかかります。課税額は物件価格によって変わります。購入後に郵送されてくるので納税します。

またこの作業をやってもらう司法書士への報酬が10万円前後はかかります。