35歳サラリーマンの平均年収

35歳サラリーマンの平均年収

35歳というかなりバリバリ働いている年齢の男性サラリーマンの年収、気になりませんか?どれくらいなら平均的なのか、というのは住んでいる地域や業種によってかなりばらつきが出るので、実際には平均年収を見て自分と比べたところでなかなかしっくりこないと思います。それでもある程度一般的な35歳の平均年収を知ることは転職やこれから今の会社でどうやって立ち回るか、色々と考え直すよい機会になるはずです。

35歳サラリーマンの平均年収は520万円前後

35歳のサラリーマンの平均年収は520万円前後となっているようです。統計をとった年によっても違いますが一応年々微妙に上がってきています。

しかし統計というのは全体を押し上げているとんでもない数字が含まれているので、実際一般的な中小企業で働く35歳のサラリーマンではこの年収に到達しないことが多いでしょう。「35歳年収」と気になって検索する方は恐らく年収や手取りの給料が少なくて、自分の年収は平均以下なんだろうな、と検索しているのではないでしょうか。

富裕層を除いた平均年収を考えてみる

富裕層の収入と予想される部分を除いた統計を予測すると、520万円からぐんと下がって340万円前後となるそうです。この金額になるとある程度一般的で現実的な数字になるのではないでしょうか。

340万円の年収だと手取りが22万円前後となります。この金額だとかなり多くの人が到達していると思います。ただしこれは業種やその会社での役職によってもまった変わってくるため、あくまでも統計から出された平均値として考えましょう。

一般的な年齢で考えて、家族がいるであろう35歳となると、手取りで20万円を切ってしまうと生活費がかなり厳しいと思います。子供が義務教育を終える年齢になっているかもしれません。この先の収入と学費や自分たちの病気になりえる可能性等を考えると正直不安になると思います。

節約は絶対にすること

月の手取りが20万円かそれ以下である場合、必ず節約をしましょう。例えばスマホは格安SIMのスマホにしましょう。電話番号をつけても月1000円以下になります。またタバコと酒は減らすかやめてしまいましょう。無駄な出費に加えて医療費が将来かかってしまう可能性が高まります。

恐らくですが本人自身も35歳になって手取りが20万切ってる、という事実に、将来給料が上がることはまずない、このまま定年まで同じ金額もしくはこれに近い金額なんだろうと漠然と予想がついていると思います。そう考えると保険に加入する費用もなかなか出せず、補償が弱いものにしか入れないかもしれません。個人的には健康が最も大きな財産だと思います。絶対に病気にならないよう日々健康にだけは気をつけてましょう。

また、もし生命保険、医療保険に入っているのであれば、見直しをしたほうがよいかもしれません。保険金額が高くなれば当然保険料が上がります。もし子供が大学を卒業する年齢になれば、死亡保険は減らしても良いでしょう。要するに子供に親のお金が絶対に必要な時期だけ保険金額が高い状態にし、そうではなくなったら保険金額を減らして保険料も減るようなプランにすべきです。

がん保険もどこまで補償されるがんのレベルなのか、などしっかりと見直す必要があります。

転職を考える

20代ならまだ転職は現実的ですが、35歳になってしまうと転職するのはけっこう勇気がいります。例えば今住宅ローンを組んでいるとか、子供が高校生になるとか、もしくはもう一人子供が生まれてくる、という時期は将来が見えなくて不安が大きくなるでしょう。

しかし今の会社で年収が上がらないのであれば、別の会社を即検討すべきです。なぜ年収が上がらないのか、それは本人のしごとに問題がある場合が多いですが、そもそも部門、部署に割ける予算がない、収益が立っていない、などで会社としては給与をあげられる状態ではない、という場合もあります。

それは会社のせいにするのではなく、自分がより頑張るとかもしくはこの状況でこれだけ頂けていることはありがたいと思いながら次どうするかを考えるのが正しいでしょう。それは社内での働き方や転職どちらも含まれますが、私は転職をお薦めします。他にも仕事はたくさんありますから。

35歳平均年収を超えることを目標に

ここからは現在の会社での考え方です。もし一般的な35歳の平均年収と考えられる340万円に満たない場合。今の会社で何としてでも340万円をまずクリアするようにしましょう。これは残業代をつけて年収を増やすのではありません。残業代は別でこの平均年収を達成しましょう。

あまりこの平均年収と実際の年収に差がない人も多いハズ。その場合は全国平均として毎年出てくる520万円を目標にしましょう。個人の力でどうにでもなる場合は最も簡単です。とにかくがむしゃらに集中して働きましょう。常に仕事のことを考えるくらいでちょうどよいです。

チーム全体で数字が動く場合でも、士気を高める一因があなたのやる気と行動だったとすれば、それは結果につながりまし、個人の評価も一気に上るでしょう。

給料が低いと、できるだけ良い年収にあこがれてしまいがちですが、まずは自分の平均値と一般的に言われているラインを目指しましょう。年収520万円はやはり一般的な平均年収ではないことは間違いないですが、これを目指すのが現実的です。サラリーマンの夢でもある、そして想像ができない金額の年収1000万円を目指す、などは正直無謀です。だからこそ現実的に平均年収と出たリアルな数字を追い求めるのです。