専門ライターとしての収入、印税の金額

  • ホーム > 
  • マネー > 
  • 専門ライターとしての収入、印税の金額

専門ライターとしての収入、印税の金額

専門的な知識があり、記事を書いてお金を貰う方法のひとつに自分の著書を出版する印税と、雑誌やWEBなどで寄稿する場合があります。実際にふたつともやったことがあれますが、どちらが効率的かというとどう考えても寄稿が儲かります。印税生活は誰もが憧れる収入のひとつですが、実際はそんなに本が売れることはなく、ベストセラー作家でないかぎり大した収入にはなりません。

本の印税の金額

本を出版したときの私の場合で説明すると、小説ではなく専門的なテーマの本1冊でした。業界初ではありましたが、2,000円前後の本で2000部発行、印税が7%という感じで、約30万円が印税収入となりました。

印税については売れた分を計算して年間で支払う場合と、少数発行の場合は全額一気に印税を支払ってくれる場合があります。私の場合全額先に支払ってもらう契約になりました。このため印税が7%程度と低めでした。多くの場合は出版社との交渉になりますが8%か9%くらいが一般的だと思います。

1年ほどかけて作った本でたった30万円です。社会人として働きながらの出版なので副業という感じですが、相当膨大な時間と手間をかけたのにたった30万か、という印象しかありませんでした。

ただし、自分の著者名が入った本がしっかりと発売されるだけで一気に信頼度・信用度がアップするので金額は度外視して出版できる機会に出版しておいたほうがよいでしょう。もし顔出し、名前出しで仕事を請け負いたいという場合はお金を払ってでも出版する人がいるくらいです。

また本を出版しているということは一般的にはとても凄いことだと思われているため、自己紹介したときに一気にプロ感を醸し出すことが可能です。ただし印税はとても期待できるものではないためお金のためとは一切考えず一気に書き上げることをお薦めします。

雑誌寄稿の金額

雑誌はライターのスキル、専門分野への精通度などが関係していると思いますが、私の場合は1万~2万円/ページを提示しています。ですから2ページで4万円となることが多いです。

特に私は専門分野の知識が豊富であることと、納品が早いことから印象が良いように感じます。期待値を越える内容を返すので、次回以降単価が2万円で固定されることがほとんどです。

100ページ書けば200万円になるというのはかなり美味しいですね。ただそこまで仕事が来ないことのほうが多いです。オファー待ちなので仕方ありませんが、来れば美味しい仕事です。

WEB寄稿の金額

これはWEB媒体で支払える金額によって決まってきます。特に一言二言のコメント程度だと3,000円くらいで終わりです。

ただし、雑誌よりも単発性が低く、次回以降の依頼も多いように感じています。私は本業ではないため、これくらいの価格でも問題ないと思って協力しています。自分の名前が売れていけば仕事依頼をしてくれるところが出てくるとも思っています。

WEB媒体の場合は無料で閲覧できるため、記事の単価が非常に低い場合が多いですが、ランサーズなどで低単価の記事量産をするよりは確実に未来が開けてくるのではないかと思います。