DHA/EPA

DHA/EPA

スマートドラッグの枠によく含まれるのがDHAとEPAのサプリメントです。よく魚に含まれている頭の良くなる成分としても知られていますよね。最近では記憶に関する効果が知られるようになり認知症予防などにも使われるようになり高齢者にはグルコサミンなどと同様に知られているサプリメントです。

若い受験生やバリバリ働いている社会人などストレスに悩まされている人にも効果的であることでスマートドラッグとしてのポジションは確立されています。それではDHA/EPAがどのような働きをするのか解説します。

DHA/EPAとは

DHA/EPAは青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸の中でも特別な高度不飽和脂肪酸です。オメガ3と言われているサプリメントはDHAとEPAとαリノレン酸のことで、その中でも特に脳に関与するのがDHA/EPAです。

普段から青魚であるアジ、イワシ、さんまなどをよく食べている人はDHA/EPAによる脳内の安定化によってうつ病になりにくいと言われています。

DHA/EPAの効果

DHA/EPAで頭が良くなる

スマートドラッグとしてのDHA/EPAの効果は脳の働きがよくなることがひとつです。

脳にある海馬にはDHA/EPAが多くあり、ここのDHA/EPAが不足すると逆に頭の回転が悪くなったり記憶力が低下したりします。要するに不足したDHA/EPAを補充することによって本来の脳の働きをフル活用できるわけです。

人が持つ脳の能力以上に頭が良くなるというわけではないと考えられていますが、普段DHA/EPAは不足しますし脳は疲れるので日常的に頭が良い状態をキープしている人は今不満や不安はない人と考えられるため、DHA/EPA摂取は無駄である、ということではないでしょう。

ストレスを軽減する

DHA/EPAはストレスを軽減することがわかっています。DHA/EPAの摂取によって脳内のセロトニンを多く分泌させると考えられていて、セロトニンが多く分泌されるということはストレスに対する耐性ができることを意味します。

逆にセロトニンが減った状態が続くとうつ病になってしまいます。また気分が滅入ったり集中力が散漫になったり不安感が高まるなどの症状もあります。DHA/EPAの摂取はこれらを改善させることができると考えられているのです。

DHA/EPAの摂取量

厚生労働省では1日1g以上のDHA/EPA摂取を推奨しています。アメリカでは3gまで摂取しても問題ないというデータがあります。

サプリメントでDHA/EPAを摂取する場合は一気に1gを摂取するのではなく、1日を通してこまめにDHA/EPAを摂取して1日の摂取目標量をゴールに少しずつ飲むようにしましょう。

また現在うつ症状があり、気分が落ち込んでいる時に気分を上げて頭の回転を早くし、スマートドラッグとして利用したい場合はもう少し多めに摂取したほうが実感があります。その場合も前日から小分けにして飲んで翌朝を迎えると効果を実感できる場合が多いです。

DHA/EPAを実際にスマートドラッグとして試したレビュー

実際にDHA/EPAのサプリメントをスマートドラッグとして飲んでみた感想を書いていきます。