年収400万円、手取り月19万円、退職金なしで老後資金をどうするか

年収400万円、手取り月19万円、退職金なしで老後資金をどうするか

現在平均的な年収が低くなりすぎているため、年収400万円でも平均的、もしくはちゃんともらえている給料になってきています。最近は退職金のない中小零細企業が多いため、この年収では老後資金を作るのは難しいでしょう。

低年収であっても老後資金をなんとか捻出するための方法をまとめました。

毎月19万円の手取りでは貯蓄や投資は不可能

住んでいる場所や実家ぐらしなどの住環境、そして毎月かかる出費によって一概には言えませんが、独立した生活をしていて首都圏のある程度利便性のあるエリアに住んでいる場合は手取り19万円では貯蓄を満足にすることはできないでしょう。

例えば毎月コツコツと1万円でも捻出して貯蓄した場合、年間12万円貯金することができます。ボーナスがわずかにあるとして、ボーナスは全額例えば19万円ほど年2回貯蓄できるとすると、38万円、合計で年間50万円が貯蓄できます。

これから20年間勤務するとして、単純計算で1000万円の貯蓄が可能です

1000万円も貯蓄できると大きな金額ですが、老後の生活費として考えるとすぐになくなってしまうレベルの金額です。年収がほぼ変わらず400万円程度として支給する会社の場合の多くは退職金制度がない場合がほとんどなので、定年退職や働けなくなって高齢になって退職したときのまとまった退職金がないので、基本は自分の貯蓄に頼らざるを得ません。

そう考えると毎月1万円の貯蓄では足りないことがわかります。できればこの5倍くらいは貯蓄に回したいところですが、手取り19万円ではそれは難しいでしょう。

手取り19万円という時点でかなり終りが見えているわけですが、改めて書き出してそして計算してみると絶望的なことがわかります。では手取り19万円、年収400万円前後の人がどのように生きていくべきか、ここから書いていきたいと思います。

「収入を増やす」ことを最優先する

手取り19万円の中でどうやってやりくりするか、は大間違いです。

まずは収入を毎月5,000円でも1万円でも増やすことが最重要。これは会社の残業でもいいですし、アルバイトなどの副業などでもなんでもいいです。とにかくやり方は限定せず、こだわらずに収入を少しでも増やして貯蓄額、投資に回せるお金を増やすこと、これが最も大切です。

なぜなら、支出を減らす節約には限界があるからです。収入額という上限金額以上はお金が入ってこない。その中でいくら切り詰めても将来にわたり月19万円、年間400万円の範囲内でしかコントロールできないのです。

だから月5,000円、月1万円でもいいかとにかく自分の収入の天井を上げることです。毎月1万円も増えれば年間12万円も増えます。これを好きなことに使ってしまうとすぐなくなってしまいますが、継続して20年間確保し続ければ240万円にもなります。

そして収入を増やすことを常に考えて、増やした収入は使わずに自分の体力としてキープすることです。

収入を増やすことを何よりも最優先し、早く投資へシフトする

まずは収入を増やすことを第一に考えます。会社での仕事はもちろん通常通りやるべきですが、そこよりも自分の資産となる収入を増やすことを最優先します。そうなると余暇はほとんどなくなるはずで、常にお金のことを考えては働くことになるでしょう。ハッキリ言えばそれでOKです。

そして収入が増え、まとまった金額ができたところでそのお金を元手として投資にシフトします。もちろん貯金がある場合は、万が一のときに備えた金額以外は投資の原資として使うのもありだと思います。

その理由は、投資は経済の動きによる利益よりも原資の大きさが重要だからです。市場が大きく動いたとしても自分の投資資金が10万円だったら3万円しか儲からないのです。これが原資100万円でやっていたら30万円も資産が増えます。まあここまで大きな動きはないのですが、わかりやすく原資の差がここまで大きな利益の差を生むことを知ってもらえればと思います。

とは言え、まずは今ある10万円からでも投資はしたほうがいいです。少しずつ収入を増やし、それを原資に追加していきます。1年後には100万円の原資に積み上がっていくこともあるかもしれません。会社以外の収入を増やしてすべて投資に回すことで、雪だるま式に資産が増えていく可能性が高まります。

とは言え投資はリスクもあるため、ある程度の貯蓄も少しずつ増やしていくことも大切です。投資は事業とは違い失敗して多額の借金だけが残る心配はないため、投資と貯蓄の両輪を回せるようになると強いです。

そして投資のための原資はとにかく増やす。多ければ多いほどリターンが大きくなります。

会社の給料に依存することは大きな間違い

手取り19万円でその後もずっと変わらない会社には大きな期待はできません。まずは自分の収入を別ルートで確保し、それを投資に回すことで働かずに得られる収入源を確保しましょう。同時並行で副業もし続け、ひたすらお金を増やしていきます。

重要なのは途中で満足せず、常に大きな利益、資産を見続けることです。